間違いだらけの少子化対策

少子化対策が全く効いてない。機能してない。対策をしてるのは幼稚園児の集団ではなく日本のエリート集団だと思うけどもなぜにこうも軌道を外れることが出来るのか不思議ですらある。

少子化の要因を考えれば解消方法は割と簡単に導くことが出来る。記事にも書かれているけどまずは晩婚化。それによって10歳後半~20代の最も出産能力が高い時期を逃すことになる。なぜ晩婚化になるかというとそこには女性の高学歴化がある。高学歴化、そしてキャリア志向。青春を謳歌したい。

そんな女性たちに「20歳で子供を産む」なんて発想が沸くわけがない。30代になって時間制限が迫り貧乏根性で駆け込みで出産しようとするが出産能力の低下。そして不妊治療の道へ。そんな地獄が広がっている。

根底にある原因はこの女性の高学歴化、キャリア志向であってその思想が消え去らないと少子化など解消できるわけがない。

つまり女性の低学歴化、と単純労働に従事するというきまだ出生率が高かった古き良昭和の時代に戻さないといけない。現実に出生率の高い地方(田舎)だと女性は低学歴であり単純労働に従事してることが多い。

しかしそんな本音を言おうものなら「女性の人権をなんだと思ってるんだ!女性は産む機械じゃない!」と粉々になるまでに叩かれるだろう。そんなことを言える要人は日本にはいないう。

少子化の原因は女性の無駄な学歴と無駄なキャリア。これに尽きる。しかもそれらは実力ではなく下駄をはかされて得たものであり、言うなれば血税で我が世の春を女性たちは謳歌しているというわけだ。

増税に次ぐ増税。なぜそんなことになったのかと言うと独身女性の充実した人生を支えるためにかかる税金が多すぎるからということ。

「子供三人産め??若いうちに?そんなの信じられない!人生楽しめないじゃん!産まない権利が女性にはある!」

人口ピラミッドは崩れ老人の比率が増えて社会保障費は増大。

しかし女性には配慮しなきゃならないので女性の自由な人生のために増税が決行される。

日本国内で言えば地方、そして海外で言えば発展途上国。つまり子育て環境など悪くても産む。いや悪い方が産むのが人間の本能かもしれない。

子供を育てる環境の改善、助成制度などの少子化対策は無意味だということは薄々感じてる人は多いと思う。

金でも優しい言葉でも産みやすい環境でもなく「産めよ!」というガツンと強烈なパンチがそこには必要なんだけど、そんなことは今の世相ではまずは無理だ。

若いうちに子供を産む女性が増えれば少子化は解決する。それ以外解決する方法はなし。実に単純な話。

だが現状ではそれは不可能。怖くて女性にそんな真実を言える人はいない。

それが沈みゆく日本の現状だろう。

少子化に苦しむ先進国はみな女性の膨れ上がった主張や権利の拡大に悩まされている。そしてその裏には共通する男の生きにくさも存在する。

子供も産まないしセックスもしない。そんな生産性ゼロの女性を血税で支える。

こんなパラダイスが当分続きそうだ。