男がみんなジゴロではない

昨今の過熱するmetooムーブメントをみてると危惧することがある。

男性がみんなジゴロではない。口説き上手というわけでも無い。

そんな男性は才覚やセンスのあるごく一部の男性であり恋愛下手、不器用な男性の方が圧倒的に多いと俺は思う。これは男女の性的な特徴でもあるんだけど男性は交際の申し込みが殺到するなんてことは稀有。能動的に女性に働きかけないと行けないのが男性の性的な役割。

男性は女性より恋愛巧者であり、女泣かせ、女ったらしというイメージが1人歩きしてるように思う。

そしてそのイメージに不器用な男性はプレッシャーを感じ押し潰されてしまう。

男性とはこうあるべき、男性はスマートであるべき、女性の扱いに手慣れていて当然、そんな性的規範に男性は苦しんでる。

そんな不器用な男性も女性と親密になりたいと心から願う。

女性が欲しい、女性とセックスがしたい、女性を口説きたい、女性と親密になりたい。

そんな男性の願望は果たして悪なんだろうか?大罪なんだろうか?

男性だって告白する時は緊張するし当然勇気がいる。男性がみんな積極的で能動的な気質を持っているわけでもない。自分を否定されれば深く傷つく。男性がみんな頑丈でも強靭なわけでもない。

勇気を振り絞って必死に女性にアプローチする、そんな男性の姿を嘲笑うことが出来るんだろうか?

またそのアプローチのやり方は時として女性に不快感を与えてしまうかもしれない。また酒の力を借りるかもしれないし、強引に迫ってしまうかもしれない。

上記以外でもさまざまな誤解が生まれるかもしれない。男女は心身の構造が違う生き物でありとても誤解が生じやすい。完璧に理解し合うのも難しい。

女性もまた男性を意図せずに傷つけてしまった経験はあると思う。

いくら思慮しても男女には目に見えない壁が存在し哀しい誤解が生まれることがある。

そんな性差から来る勘違いや誤解まで社会的に抹殺するほどの大罪にする風潮には疑問がある。

女性と親しくなりたいと願い近づく男性がおかしてしまったミスを「悪」だと弾劾し社会的に抹殺することが果たして本当に正義なんだろうか?

男がみんなジゴロではない。

この言葉が俺はとても心に染みる。